新型iPad

  • 2018.03.30 Friday
  • 12:42

こんにちは。SPPSメンバーのIです。

 

つい先日Appleから新型iPadの情報が発表されましたね!

私はAppleペンシルが使えるというのが最大のポイントだと思います。

前々からこのAppleペンシルには興味があったのですが、

なんせ高いiPadProしか対応していなかったので気軽に買うこともできずにいました。

しかし今回の新型はそれが使える!ということで早速予約してしまいました(笑)

予約がある程度入ってるということで発売日にはゲットできなさそうですが、

いまから使うのが楽しみですね♪

 

ただ私は以前ipadminiを持っていたのですが、

ほぼほぼ使わなかったので即売却という過去があるので

同じ末路をたどらないよう注意していきます・・・

 

 

 

 

BBQ & お花見

  • 2018.03.26 Monday
  • 17:22

先週末、目黒川沿いのお店でBBQとお花見を一度に楽しみました。

が、不運なことに店前の桜はぜんぜん咲いておらず、

店からかろうじて目に入った桜が一本。こちらは咲き誇っておりました。

でも、昼からお酒を呑んだくれるという贅沢な休日を満喫したのでありました。

 

花粉が辛い季節。。。

  • 2018.03.15 Thursday
  • 17:12

皆さま

こんにちは。がっちゃんです。

 

 

2月あたりから、すでに目に痒みが出始め、、、

 

今では起床時には鼻水ズルズル、くしゃみが出る、一歩外に出ると

猛烈に目がかゆい!!

 

そう、花粉症です。

 

今まで「花粉症の人って可哀想だなぁ」と、

他人事のように思っていたのに、

去年から見事に症状が出るようになりました!雷爆弾

 

 

罪は無いと分かっているのですが、憎いスギ・ヒノキ花粉・・・

街でこんなに症状が出ているということは、

山に行くとどうなってしまうのでしょうか。

 

 

さて、今回は花粉症を和らげると言われている食材について、

発酵食品や、れんこんなどの根菜、青魚にエゴマオイルなど

数々ありますが、私が関心をもったのが・・・

バナナです!

 

一日2本のバナナを習慣的に食べるようにすると、

体質改善がはかどり、アレルギーの抑制に効果があるらしいです。

 

ただし、この体質改善はアレルギー症状が酷くなる前から

始めていなければならず、およそ8週間くらいは必要とのこと

 

となると、本当は冬本番の時点でバナナを食べていなければ

ならなかったんですね汗

 

医療機関での花粉の治療もそうですが、

何事も早めでないとダメなんですね・・・

 

私は、今年は食事による対策、点眼薬などのお薬に

頼りながら花粉シーズンを乗り切りたいと思います・・・!

 

 

 

 

〜新機種入荷情報〜

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 17:29

皆様

 

こんにちは。

 

2018年2月9日に発売されました、
docomoの新機種を入荷いたしました。
 
 
■M  (Z-01K)
   カラー:ブラック(1色のみ)

 

 

 

引用:docomo製品ページ

https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/z01k/

 

 

 

近年に珍しい、2画面スマホが発売となりました。

目的・用途に応じて下記4つのモードに切り替えできるそうです。

 

 

・大画面モード…メインディスプレイ、サブディスプレイを一つの画面として

        使用したり、メインに一覧、サブに詳細を表示して使用できる

 

・2画面モード…メインディスプレイとサブディスプレイそれぞれで

        異なる機能やアプリを操作できる

        

・ミラーモード…メインディスプレイとサブディスプレイに同じ内容を表示し

        各ディスプレイから操作できる

 

・通常モード…メインディスプレイのみを使用して操作。

       従来のスマホと同じように利用できる。

 

 

 

実機で試してみたところ、メイン・サブともに5.2インチのワイドな画面は

非常に高画質で、上記4つのモード切替もとても簡単でした!

 

 

(切り替えは、左側メインディスプレイの下部にある「M」を押して選択します)

 

また、この形状であるため、L字に開けば安定した縦置きにもでき、

横置きにすれば音も一層聴こえやすいとのこと。

 

動画や映画、書籍をスマートフォンで楽しみたい方には、

100%満足できる機種だと言えるでしょう。

 

 

ただ、残念な点が、ワンセグ・フルセグ等(TV機能)に対応していないこと、

NFC機能が装備されていないため、おサイフケータイとしては

利用できないことです。。。

 

 

ちなみに、2画面を閉じた状態では、こんなにスリムになります。

ただし両画面とも外向きなので、傷つけないように注意しなくてはなりませんね。

 

 

 

 

SPPSでは、今後も新機種の発売動向を順次追ってまいります!

入荷後の情報は、下記HPよりご確認くださいませ。

 

 

 

         ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SPPS スマホレンタルセンターHP
http://www.spps.co.jp/rental/

 

やっぱり国産が(3)

  • 2018.02.23 Friday
  • 20:05

3度目になります。溜池山王のHです。

 

日本製じゃない乗りものにメンテもせずに乗っていると、

いろいろと珍しい所が壊れるよ!という話を過去2回してきましたが、今回もそれです。

今回は自動車なんですが、言うてもさすがに自動車はあんまり壊れないですね

(全部で1.5万kmぐらいしか乗ってなかったってのもありますが)

前回は書くことが多過ぎてかなり絞りこみましたが、今回はネタの種類は少ないです。

以下、スウェーデン(工場はオランダ)の1800ccの車に、9年落ちスタートで6年間乗っていたときの話です。

例によって下に行くほど嫌な感じになっています。

 

 

■ドライブシャフトのラバーブーツ破れ

 

症状:車軸の関節部分を覆うゴム部品が劣化して破ける

原因:経年劣化

感想:これ(だけ)は国産でもよくあり、ごく普通のことです。

対策:最近は足回りをバラさないでも後付けできるブーツが有るんで、それを付ければおしまい。

   ただ、この車用というものが無かったため、他車用のを流用するための情報集めが

   大変でした。こんな便利なものが無かったころ(20世紀?)は、ブーツの交換するのには

   足回りごっそり外す必要があるので、非常に工賃が高くつく場所でした。

   だいたい10年過ぎてから破けることが多いのですが、

   破けていると絶対に車検通らないので、これを機会に廃車にするって人も昔は

   多かったように思います。(ディーラーでは純正部品しか使わないでしょうから、

                  今でもここが破けて廃車にする人はいるかもしれません)

 

 

■操作ボタン類がとにかく傷だらけになる

 

症状:エアコンのつまみやパワーウィンドウのスイッチなどが爪痕だらけになる

原因:プラ素材の表面が劣化して、固めのシュガーグレイズド程度の強度になってしまうため。

感想:これは一時期の欧州車でよく見られた現象だそうです。

   手触りをよくするために柔らかめのプラスチックで覆ったのが失敗だったみたいですね。

   しっとりした質感のテレビのリモコンとかもコーティングが劣化して

   段々べたついてきたりしますが、それに結構近いです。

対策:気にしない。なるべく触らない。

 

 

■エンジンルームから異音

 

症状:エンジンが回っている間中、キュルキュルキュルキュルキュルとずっとうるさい

原因:アイドラープーリーのベアリングがダメになっていた。

感想:これは国産でも全然あり得るんですが、

   走行7万kmぐらいでなっちゃうのはちょっとどうかと…。

対策:本当はベアリングだけの交換が一番安いんですが、工具が足りないので5000円払って

   新品プーリーAssy買って交換しました。

   でもボルトの頭が15とかいう変なサイズだったので、さらに工具代がかかりました。

   (しかもよく探したら持っていた…)

 

 

■内貼りがどんどんはがれる

 

症状:内装の生地がどんどん垂れ下がる

原因:内装生地の下にあるスポンジが腐り、生地が剥がれてしまう。

感想:真夏のある日、運転しているとなんだか頭頂部の毛先に触るものが有るので

   「寝癖がよっぽど酷いんかな」と思ったら、実は天井が剥がれて垂れ下がっていた

   ということがありました。天井が垂れ下がっていると、パッと見、廃屋?

   って感じになります。車なのに。日を前後して、ドアの内張りもペローと剥がれて

   きました。剥がれたこと自体よりも、この裏地の腐ったスポンジがべたべたしてて

   服につくとなかなか取れないのが最悪でした。

   ハチミツを染み込ませた崩れたスポンジケーキのかけらが、

   ドアの内側にぶら下がっていると想像していただくとピッタリだと思います。

対策:腐ったスポンジの所為で接着剤も効きづらいため、

   可愛い模様のついた画鋲で止めておきました。

 

 

■ブレーキ引きずり?

 

症状:シャリシャリうるさい

原因:パッドの摩耗時によくある話みたいですが、この時はあんまり減ってなかったので

   謎でした。ピストンの戻りが悪いっぽかったので、

   キャリパーシールの劣化だったのかも?

感想:音が出る所と出ない所があったのが訳が分からなかったです

  (ディスクが平らに減ってないってこと?)

対策:何となくですが、ちゃんと直そうとするとドツボにはまりそうな予感がしたので

   放置しました。

 

 

■ウィンカーが出ない

 

症状:走っていると、たまーにウィンカーが出なくなる(しばらくすると復活する)

原因:ハザードスイッチ内部の接触不良。

感想:「ハザードを使った後に症状が出やすい」という発生条件に気づくまで

   2年ぐらいかかりました。※最初は年に2回ぐらいの頻度だったので。

   コンソールバラしてハザードスイッチを外してみると、

   10本ぐらいケーブルが接続されていて、どこかが導通しないと

   ウィンカーも出なくなるようです。

   秋葉原で適当なスイッチ買ってきて交換することも考えたのですが、

   10本の間のON/OFFがなかなか複雑で、そこいらのシンプルなスイッチでは同じ機能には

   ならなさそうでした。しょうがないのでスイッチをバラして直そうとしたのですが、

   磨いても復活しませんでした。接点復活王とか有れば直ったのかも。

対策:原因がわかってからは、症状が出たら一時停止してハザードボタンを

   ガチャガチャ押して復活させる…というのを繰り返していたのですが、

   発生頻度が上がってきたのでハザードをしばらく使用禁止にしていました。

   その後、部品が入手できたのでスイッチassyで交換しました。

 

 

■ヘッドライトが(必ず)壊れる

 

症状:ライトがあらぬ方向を向く

原因:ライト内部のプラ製の部品(電動レベラー)が劣化していつの間にか崩壊し、

   鏡面が固定されなくなる。

感想:両方のライトで2年違いで起きたので、明らかに素材が悪いって感じですね。

   この車にはちょっといい装備?の電動レベラーが付いていたんですが、

   必ず壊れるぐらいなら余計な事すんなって感じでした。

   何が大変て、これに気が付くのが車検直前て事なんですよね

   (部品を取り寄せているの待っていると車検が切れてしまう)。

   山の中とかを走っていると光軸の狂いはすぐに気付くんですが、

   都内は街灯やらなんやらで明るいので…。関係ないですが、

   ヘッドライトワイパー&ウォッシャーは、買った時から完全に壊れてました。

対策:車検の継続が切れるといろいろ面倒なことになるので、

   とりあえず車検を通すことだけ考えます。

   1回目(左側)の時はテスター屋の兄ちゃんがタイラップ数本を駆使して、

   うまいこと光軸をあわせてくれました。

   2回目(右側)は同じところに頼むのも気が引けるので、テスター屋のおっさんに

   呆れられながら、鏡面の裏にウエスやらグローブやら突っ込んで調整し、

   どうにか検査をパスしました。

   ※もちろん、左右とも後でちゃんとAssy交換しましたよ。

 

 

■ブレーキが全く効かなくなる

 

症状:ブレーキがスッカスカになって全然効かなくなる

原因:ブレーキホースのゴムの劣化で穴が開いてしまいました(前回のバイクと同じ)。

感想:たまたま停車していた時だったので事故にはなりませんでしたが、

   何でその時止まってたかっていうと踏切待ちだったんですよ。

   僅かなタイミングの違いで全国ニュースになるような酷いことに

   なっていたかもしれないと思うと、かなり恐ろしいですね。

   穴が開いたのは当然足回り近くのゴム部分ですが、1か所穴が開いただけで

   何故かブレーキ全部が効かなくなったのが不思議です。

   ※車のブレーキは必ず2系統あり、一箇所ダメになっても半分の2輪はブレーキが

   効くようになっているはず

   でもこの時は床までペダル踏んでも本当に全然効かなかったんで、

   マスターシリンダーの奥側のピストンのシールもダメになっていたのかもしれません。

   だとしたらひどい話ですね。

対策:幸運なことに自宅のごく近所だったので、サイドブレーキだけで自宅まで

   ゆっくり帰りました。後日、とりあえず破けた1本だけ入手して中古部品で交換し、

   その後、4本とも新品に交換しました。純正買うとアホみたく高い(破けるくせに!)

   ので、社外品のステンメッシュをイギリスから個人輸入したんですが、

   その時にクレカの情報盗まれたらしく、2か月後に

   「なんか中国で8万円買い物されているけど大丈夫?」とカード会社から連絡がきました。

   (保障は効きましたがカードは停止&再発行になりました)

 

 

最初に車はあんまり壊れないと言いましたが、十分ぶっ壊れてますね!

それにしてもバイクともども外車(欧州車?)は本当に本当に、ゴム・プラスチック系の部品が弱い!

ここにあげたのもベアリングとウィンカー以外は全部ゴムかプラの劣化が原因です。

タイミングベルトは国産だと10万kmで交換ですが、この車は5万kmで交換してありました。

もし交換してなかったら、切れてエンジンブローしてたでしょうね。

ブレーキホースなんかは、ウン十年前ならともかく、

90年以降の国産車なら20年経っても穴なんか開かないです。

このメーカーはタイロッドが外れやすいという話も聞いたことが有ります(当時)が、

命に係わる部分はもうちょっと頑張ってほしいもんです。

 

この車が走行8万kmぐらいになったころ、

たまたま走行13万kmの1300ccの国産車がもらえたので、

廃車にしてその国産に乗り換えましたが、いやー日本のメーカーは本当に偉いですね。

行距離は全然多いのに、どこも剥がれてこないし、ライトの光軸は狂わないし、

走ってて変な音がしない!3年ほど乗りましたが、壊れて交換したのはサーモスタット一個だけでした。

 

余談ですが、日本の10年落ち中古車の下取り価格というのは、

イコール外国人バイヤーの買い取り価格ということがしばしばあるそうです。

こんな機能的に問題の無い車がちょっと古いというだけでタダ同然なんですから、

そりゃあ世界中から中古車バイヤーが来るってもんですよね。

ハンデのある右ハンドルでさえこれですから(右ハンドル輸入禁止の国もあります)、

もし日本車が左ハンドルだったら、国内でスクラップになる車は殆どなくなり、

今より何倍も世界中が日本車だらけに…なんてことになっていたのかもしれません。

 

 

…というわけで、やっぱりメカもサービスも国産のものが安心ですよね!(3回目)
SPPSでは低価格スマホレンタルのみならず、請け負った検証業務も全て国内で行っています!
日本国内ならではのスピード感と、

オフショアに負けない驚きの値段設定を両立させていますので、ぜひご利用ください!

 

 

 

        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SPPS スマホレンタルセンターHP

http://www.spps.co.jp/rental/

 

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

新着記事

カテゴリー

月別記事

リンク

プロフィール

検索

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM